ここでは、交通事故の被害を受けた後に、相手の保険会社との示談交渉を始める前に行うべき準備を紹介します。まず、保険会社からの症状固定の催促には注意しましょう。症状固定とは、事故で受けた傷がこれ以上回復しない状態であると判断することです。この判断を行うと、それ以後の通院や治療にかかる費用は慰謝料などに含まれることはなくなります。また、この判断を行ってから新たに後遺障害が発覚してもその慰謝料を受け取れなくなります。

次に、高障害認定の基準等を調べ、自分の場合はどの等級になるかを調べておいてください。また、保険会社が提示してくる後遺障害慰謝料は弁護士の基準よりも安い金額となっています。その金額差は、最小で70万円、最大で1000万円を超えることもあります。

ですから、弁護士の基準を調べ、自分の場合はいくらになるかを考えておくと、適正な慰謝料の額がある程度推し量れます。また、示談金の相場はいくらになるのかということも、調査しておきましょう。これによって、自分が結果的に損をしてしまう可能性を減らすことが出来ます。

最後は、結局交通事故が得意な弁護士に依頼をするのが最も安心だということです。やはり専門家の協力は大きな助けです。自分では無理だと感じたら、弁護士に相談してみましょう。