交通事故示談の交渉を弁護士に依頼することには、どんなメリットがあるのかを紹介します。交通事故後の症状固定が終わってから、示談交渉に入ることになるのですが、この示談交渉が曲者です。

示談交渉では、これまでに交通事故の被害者が被った損害に対しての慰謝料の金額なども決定することになります。交渉ですから、相手の提示してきた慰謝料等の金額に対して、適正な価格でないならば金額を引き上げるように交渉していかなければいけないわけですが、これが法律の専門知識を持たない一般の方には難しいのです。こちらはそもそも慰謝料の決定方法や相場も知りません。それに対して、交渉相手は保険会社の交渉担当者ですから、多くの場合知識・経験に雲泥の差があります。

また、慰謝料を支払うのは相手なのですから、当然保険会社は慰謝料の金額を可能な限り小さくしようと交渉してきます。保険会社の方がどれだけ丁寧にあなたに接してくれたとしても、彼らは決してあなたの味方ではありません。

しかし弁護士は、こちらの利益を最大化することを目的とする、法律の専門家です。弁護士に依頼をして交渉を代行してもらうことで、多くの場合慰謝料の増額が見込めます。また、面倒な書類作成・収集の多くをやってもらうことも出来ます。これが、弁護士に示談交渉を依頼するメリットです。