交渉開始前の準備

ここでは、交通事故の被害を受けた後に、相手の保険会社との示談交渉を始める前に行うべき準備を紹介します。まず、保険会社からの症状固定の催促には注意しましょう。症状固定とは、事故で受けた傷がこれ以上回復しない状態であると判断することです。この判断を行うと、それ以後の通院や治療にかかる費用は慰謝料などに含まれることはなくなります。また、この判断を行ってから新たに後遺障害が発覚してもその慰謝料を受け取れなくなります。

次に、高障害認定の基準等を調べ、自分の場合はどの等級になるかを調べておいてください。また、保険会社が提示してくる後遺障害慰謝料は弁護士の基準よりも安い金額となっています。その金額差は、最小で70万円、最大で1000万円を超えることもあります。

ですから、弁護士の基準を調べ、自分の場合はいくらになるかを考えておくと、適正な慰謝料の額がある程度推し量れます。また、示談金の相場はいくらになるのかということも、調査しておきましょう。これによって、自分が結果的に損をしてしまう可能性を減らすことが出来ます。

最後は、結局交通事故が得意な弁護士に依頼をするのが最も安心だということです。やはり専門家の協力は大きな助けです。自分では無理だと感じたら、弁護士に相談してみましょう。

示談交渉時の注意

このページでは、交通事故の被害を受け、相手の保険会社と示談交渉をするときに必要な注意点を紹介します。一度成立した示談を反故にするのは難しいので、十分に注意してください。まず、示談交渉を始めるのは症状固定の状態になってからにしてください。後遺症が無いと早とちりして慌てて示談を成立させてしまうと、もし何らかの後遺症が残った場合に、受け取れたはずの慰謝料を受け取れないという事態が発生する可能性があります。

また、交通事故で負った怪我などを治療するために病院を利用すると、医療費が発生します。この医療費は、自分が被害者であるということを説明して、相手の保険会社に対して請求してくれるように相談してみましょう。それが出来ない場合にでも、後から相手の保険会社に請求するため、必ず領収書を保管しておいてください。

次に、示談交渉の場ではくれぐれも冷静さを保ちましょう。こちらの不満を表明するために、怒鳴る必要はありません。それをしても、事態が好転することはありえません。ただ、示談の内容に不満があるならば、同意しなければ良いだけのことです。どうしても示談が進まないようならば、弁護士に依頼してしまいましょう。以上が示談交渉時の注意点です。これらの点を踏まえて、交渉に臨んでください。

弁護士への依頼

交通事故示談の交渉を弁護士に依頼することには、どんなメリットがあるのかを紹介します。交通事故後の症状固定が終わってから、示談交渉に入ることになるのですが、この示談交渉が曲者です。

示談交渉では、これまでに交通事故の被害者が被った損害に対しての慰謝料の金額なども決定することになります。交渉ですから、相手の提示してきた慰謝料等の金額に対して、適正な価格でないならば金額を引き上げるように交渉していかなければいけないわけですが、これが法律の専門知識を持たない一般の方には難しいのです。こちらはそもそも慰謝料の決定方法や相場も知りません。それに対して、交渉相手は保険会社の交渉担当者ですから、多くの場合知識・経験に雲泥の差があります。

また、慰謝料を支払うのは相手なのですから、当然保険会社は慰謝料の金額を可能な限り小さくしようと交渉してきます。保険会社の方がどれだけ丁寧にあなたに接してくれたとしても、彼らは決してあなたの味方ではありません。

しかし弁護士は、こちらの利益を最大化することを目的とする、法律の専門家です。弁護士に依頼をして交渉を代行してもらうことで、多くの場合慰謝料の増額が見込めます。また、面倒な書類作成・収集の多くをやってもらうことも出来ます。これが、弁護士に示談交渉を依頼するメリットです。

交通事故後の示談

このサイトでは、交通事故被害の示談交渉に関する内容について紹介します。まずは、交通事故から示談開始までの流れをご説明します。まず交通事故の発生です。このとき、少しでも怪我や痛みを感じた場合には、人身事故として警察で届け出ましょう。こうすることで物損事故として処理されるよりも詳細な調書を取ってもらえるようになります。

次に、入院及び通院による怪我の治療です。そしてこれがおおよそ終了し、事故によって負った怪我が完治、あるいはこれ以上変化しない状態になった場合には、症状固定と言われる判断をする必要があります。この判断をした後の診断などにかかる費用は、慰謝料などとして請求することは出来ません。とはいえ、それに応じた金額を請求できる決まりがあります。それが後遺障害の等級認定です。これはその名の通り交通事故後に障害が残ってしまったとき、その重大さに応じて等級を決め、それに応じた慰謝料を受け取れるというものです。

そして症状固定の状態になり、後遺障害の等級認定が終わった後、保険会社との示談交渉に入ります。この交渉では、これまでの医療費や、後遺障害認定の等級に応じた慰謝料などを請求することになります。しかし保険会社は当然自分たちの支払う金額をできるだけ少なくしようとしますので、ここでしっかりと交渉するのが大切です。そして示談交渉がどうしても成立しないときには、裁判を行うことになります。以上が、交通事故発生からその後処理が終了するまでの流れです。