このページでは、交通事故の被害を受け、相手の保険会社と示談交渉をするときに必要な注意点を紹介します。一度成立した示談を反故にするのは難しいので、十分に注意してください。まず、示談交渉を始めるのは症状固定の状態になってからにしてください。後遺症が無いと早とちりして慌てて示談を成立させてしまうと、もし何らかの後遺症が残った場合に、受け取れたはずの慰謝料を受け取れないという事態が発生する可能性があります。

また、交通事故で負った怪我などを治療するために病院を利用すると、医療費が発生します。この医療費は、自分が被害者であるということを説明して、相手の保険会社に対して請求してくれるように相談してみましょう。それが出来ない場合にでも、後から相手の保険会社に請求するため、必ず領収書を保管しておいてください。

次に、示談交渉の場ではくれぐれも冷静さを保ちましょう。こちらの不満を表明するために、怒鳴る必要はありません。それをしても、事態が好転することはありえません。ただ、示談の内容に不満があるならば、同意しなければ良いだけのことです。どうしても示談が進まないようならば、弁護士に依頼してしまいましょう。以上が示談交渉時の注意点です。これらの点を踏まえて、交渉に臨んでください。