このサイトでは、交通事故被害の示談交渉に関する内容について紹介します。まずは、交通事故から示談開始までの流れをご説明します。まず交通事故の発生です。このとき、少しでも怪我や痛みを感じた場合には、人身事故として警察で届け出ましょう。こうすることで物損事故として処理されるよりも詳細な調書を取ってもらえるようになります。

次に、入院及び通院による怪我の治療です。そしてこれがおおよそ終了し、事故によって負った怪我が完治、あるいはこれ以上変化しない状態になった場合には、症状固定と言われる判断をする必要があります。この判断をした後の診断などにかかる費用は、慰謝料などとして請求することは出来ません。とはいえ、それに応じた金額を請求できる決まりがあります。それが後遺障害の等級認定です。これはその名の通り交通事故後に障害が残ってしまったとき、その重大さに応じて等級を決め、それに応じた慰謝料を受け取れるというものです。

そして症状固定の状態になり、後遺障害の等級認定が終わった後、保険会社との示談交渉に入ります。この交渉では、これまでの医療費や、後遺障害認定の等級に応じた慰謝料などを請求することになります。しかし保険会社は当然自分たちの支払う金額をできるだけ少なくしようとしますので、ここでしっかりと交渉するのが大切です。そして示談交渉がどうしても成立しないときには、裁判を行うことになります。以上が、交通事故発生からその後処理が終了するまでの流れです。